TOPがんばる企業 > KANO空感設計

がんばる企業

新築戸建て住宅設計をメインとしております。

カテゴリー:建築設計 / オシャレな社長

KANO空感設計
東海の愛知岐阜三重静岡をベースに名古屋尾張三河岡崎豊田安城刈谷大府半田西尾幸田蒲郡豊川豊橋田原を拠点に、モダンな木の家の住まいなどデザイン住宅を中心に、男女の視点から一級建築士建築家夫婦が取り組んでいます。店舗・ビル等や、2x4、鉄骨造、RC造等も。

アットホームな設計事務所です♪

徳川家の菩提寺として名高い大樹寺(岡崎市北部寄)近くにあり、岡崎中心部、豊田、安城、岡崎IC、豊田東ICまで車で10分とアクセス良好です。
一級建築士の夫婦二人でやっています。アットホームな雰囲気で、おつきあいできたらと思います。家族は私達と2人の男の子の4人です。
毎日、フリー相談室を開催しているので、気軽にいらしてください

サービス・業務内容

開放的な広がり空間のある家 
■見通しのよさ
家の中を端から端まで見通せると、広がりを生んで気持ちいいし、家族が離れていても互いに何をしているか分かり、心がつながります。キッチンから全て見通せるといいですね。
部屋を引戸で仕切り、開けたままの状態で使うことが多いほど、広がり空間が生まれます。
中庭を介して、自分の家が向こうにも見えると、中庭を内に取り込んだような広がり感を与えます。

■できるだけ廊下のない間取り 
民家は、部屋と部屋が直接つながり、廊下はありませんでした。(広縁や縁側が廊下代わり)無駄な廊下はなるべくなくし、家全体が自然につながると、家族がふれあう機会が増えます。
廊下がないほうが、風通しが良くなります。やむをえず作る廊下と部屋の間は、風通しを考えて引戸とし、開閉の調整ができるといいです。また廊下とLDKの場合は開け放てば広がりが生まれます。

■自然と一体となって暮らせる、縁側や外縁やデッキ
縁側や外縁(デッキ)など、日本に昔からあった、内でもない外でもない空間を積極的に設けて、外の広がりを内に取り込みたいです。夏は涼み、冬はひなたぼっこなんて気持ちいいですね。床段差なしにして、開け放して一体に使えるようにしたり、あえて段差を付けて、腰掛けられるようにしてもいいです。
後悔しない為に自分らしい家づくりのために・・・
■自分スタイルの家をかたちに

私達は、設計とはデザインも含め、建主とのコラボレーション(共同創造)によって創り上げるものと考えています。表面的な要望を聞いてそのまま創るのでもなく、自分の考えやデザインを通すのでもなく。Conceptで私達の家づくりの考え方の一部を示していますが、当然全てを網羅しているわけではないですし、考えを押し付けるものでもありません。ただ、設計事務所として、自分達の考えを持つことは重要だと思います。
要望を十分にお聞きして、それをふまえ、家づくりの専門家として自分達の考えと照らし合わせながら、提案をします。
互いに矛盾を含むこともある多くの要望を整理しながら、最大限に取り入れつつ、よりよいものへ創り上げていきたいと思います。そのためには、お互い納得できるまで話し合い、意見を出し合いながら、進めることが大事です。
「買う家」でなく、「共に創り上げる家」は、愛着と誇りを持てる、どこにもない家になります。一生に一度しかない家づくりという一大イベントを楽しみましょう。

編集後記
笑顔が素敵な加納さん!
独立してから独学で木造建築を勉強し始めたそうです!
お話しやすいお人柄にこちらも朗らかな気持ちになりました♪

(インタビュアー:しょこちゃん)

会社基本情報

社名 KANO空感設計
所在地 愛知県岡崎市百々西町13-13
電話番号 0564-26-3051
メールアドレス info@kano-cd.jp
ホームページ

http://www.kano-cd.jp/