TOPがんばる企業 > Kei設計室

がんばる企業

お客様と密に話し合い、お客様の理想を超えた提案をします!

カテゴリー:建築設計 / オシャレな社長

Kei設計室
お客様の住みたい家を作りたい。
デザインありきではなく、快適に、楽しく住んでいく。
デザインのかっこよさはあくまでも結果です。
お客様のことを考えたご提案を致します。

家づくりの本質とは何かを考えてみたら、
それは「楽しく暮らす」ことだと思った。
そのためには何が必要で、何が必要でないか。

Conceptは「楽しく暮らす」を創造する

つくりたいのは「楽しく暮らす」ということ。

単に奇抜で変わったデザインの建物ではなく、
本当の意味での「楽しさ」がある住まい。

そして「自分らしく暮らす住まい」を探していきたいのです。
「自分らしさ」や「楽しさ」とは何かを探す旅。
それが家づくりの本質だと思うのです。

サービス・業務内容

シンプル&ナチュラル
デザインはできるだけシンプルに・・・
と、いうことはもちろんのことですが、
コンセプトでもある「楽しく暮らす」や「楽しさ」とは何か?を、突き詰めていくなかで、
それに必要なものは何かを掘り起こし、
それ以外の必要でないものを取除いていくと、
結果として、シンプルなその家族のライフスタイルや形、色といったものが見えてきたりします。
そんなシンプルさを大切にしたいと思うのです。

同様にナチュラルとは、
出来るだけ自然な素材を使用し、また光や風といったそこにある自然を多く取り入れて、人や環境に優しい建築をつくるということと同時に、
そこに暮らす住まい手が、その生活の中でいかに自然体でいられるか・・・
と、いうことが重要だと思うのです。
ヘルス&サスティナビリティ
健康と環境、
持続可能な社会生活を心掛ける生活スタイルという、
内容の言葉の一部なのですが、
建築が人にとって健康的であることはもちろん、
その建築がSustainabilityで、あること。

つまり、持続可能である為の「普遍性」や「可変性」を
常に考えていきたいと思うのです。

とらえ方は色々あるかもしれませんが、
時が経っても色あせないで変わらないこと。
例えばその人の価値観や家族の思いや習慣といったことをどう反映し、
創り込み、構築していくか?(普遍性)
また、時の経過とともに変化していく人や物に対して
どのように柔軟性を持たせることができるか?(可変性)といったことなのです。
つなぐ・・・家
「光」と「風」
「人」と「人」
「想い」と「かたち」
そして、
「家族」と「明日」をつなぐ家で、ありたいと思うのです。

スタッフ紹介

この人に注目!

田口健次
代表取締役
1965年愛知県名古屋市生まれ
1989年愛知工業大学工学部建築学科卒
1992年一級建築士取得
資格一級建築士、宅地建物取引主任者
所属愛知建築士会会員、愛知県木造住宅耐震診断員
趣味建築、キャンプ、音楽鑑賞、食べる事、子育て
愛用品システム手帳(今時アナログなのですが、20数年来使用)
ジッポー(なかなか手放せません・・・)
腕時計(プライトリングナビタイマー1996年製で機械式のアナログ)
ステッドラーの芯ホルダー など。
お施主さんから言われた嬉しかった言葉は何ですか?
「家にいる時間が長くなったよ」
「娘が”家に早く帰りたい”って言うようになったよ(笑)」
「家で遊ぶ時間が長くなったよ」
などと言われると嬉しいですね。たまに自分が設計したお家をふらっと見に行ったりするのですが、そこでこういう言葉をいただけたりするんです。
なぜこの業界を目指されたのですか?
元々興味があって大学の時建築のある科を選びました。そこで僕はあまり勉強を頑張っていなかったのだけれど、その時の先生から「建築を好きになれ」という教えをいただき、いろいろな糸口がありましたが建築設計に面白さを見出し、ちゃんと建築を好きになったんです(笑)
田口さんの強みを教えて下さい!
狭い土地に建てる家を設計するのが得意です。うちの事務所のある中村区は住宅が密集していて、依頼される土地が狭いことが多かったんです。今では狭い土地に対し「腕がなるな!」と感じます(笑)
依頼が難しいほど燃えるタイプなんです。
編集後記
明るくて笑顔の絶えない田口さん、とっても素敵でした!
建てたあとに楽しく生活してもらいたい、という気持ちが伝わってきました。
取材させていただき、ありがとうございました♪
(インタビュアー:ちゃんりか)

会社基本情報

社名 Kei設計室
所在地 名古屋市中村区豊国通2-7-201
電話番号 052-485-6016
メールアドレス info@kei-archi.com
ホームページ

http://www.kei-archi.com