TOPがんばる企業 > 神谷建築スタジオ

がんばる企業

ワガママの通じる設計士がここにいます!

カテゴリー:建築設計 / 男前社長

神谷建築スタジオ
神谷建築スタジオの家づくりは木造を主としています。
法規的に木造が建設できない敷地以外は木造で家づくりをしていきたいと思っています。ではなぜ木造なのか。
木は自然素材である、リサイクルが可能である、加工が容易である、LCAで見ても優れた素材である…など色々ありますが、単純に住宅という「人の生活を包み込む器」をつくる素材の中で、木が一番心安らかに生活していける空間をつくり出すことが出来る。と身体全体で感じているからです。
そして使用する木は日本の木、国産材にこだわって使用しています。
これもなぜか。難しいことは置いておいて、日本に建てるんだから日本の木が一番適しているに決まっているじゃないか。そう思うからです(難しいこともちゃんと考えてはいるのですが)。

サービス・業務内容

神谷建築スタジオの特徴
神谷建築スタジオの特徴というと、建物を「低く」作る事がひとつの特徴です。
外観に対して圧力をかけず、それでいて周りの環境にも溶け込めるような家づくりを心掛けています。
和モダン。昔ながらの良さと現代の良さのマッチングを図り、新しくないが新しい家の設計をしています。
神谷建築スタジオが選ばれる理由
神谷建築スタジオが選ばれるのは、完成した建物を見てその良さが分かる事もありますが、他の設計事務所と違う点があります。
それは「図面を描く量」に違いがあります。
神谷建築スタジオでは完成図面は書かず、設計図面の量が膨大にあり、それを見れば完成図面のイメージができるような図面を作ることに力を入れています。
代表の神谷さん曰く、「自分が建てれると思える図面でなければ駄目な図面」という事です。

スタッフ紹介

この人に注目!

神谷義彦
代表/一級建築士
第一回 木の建築賞 「みさきのちゃや」
あいち木造住宅耐震補強コンペ 最優秀賞(提案協力)
第24回 住まいのリフォームコンクール 審査委員特別賞
第4回ぎふの木で住まいづくりコンクール 入賞「ヒダセノイエ」
第15回へきなん都市デザイン文化賞 準大賞「庭つくりの家」
編集後記
神谷建築スタジオさんへ取材に行ってきました!
代表の神谷さんはとても話しやすくて、取材もついつい長話に(笑)
設計図面の書く量はどの設計士さんよりも多く、完成図面が無くても家のイメージができるほどの量を描く事を信念にお仕事に取り組んでいる凄い人です!!
木造住宅でも満足のできる家に住みたい方は神谷建築スタジオさんへ!!
(インタビュアー:ぐっさん)

会社基本情報

社名 神谷建築スタジオ
所在地 愛知県高浜市沢渡町3-1-5
電話番号 0566-53-0405
メールアドレス
ホームページ

http://kamiyastudio.com/index.htm